40代女性婚活実情

仕事に燃えていたアラサーが、40代に入って本格的に婚活するという人も増えつつあります。

晩婚化が当たり前の現代、30代後半や40代で結婚する人も多くみられますが、やはり40代の婚活は非常に厳しいということは避けて通れない現実です。

婚活市場の現状をみると、40代の女性をOKとしているのは50代以上の男性となっています。

ストレートにいうと「子供は持たなくてもいい」という考え方の人がほとんどです。あるいは既に結婚歴があり、子供がいるといった人も少なくありません。

いずれにしても「子供を産んで欲しい」とは、ほぼ考えていないと思って間違いありません。

一方女性は?というと、「子供がほしい」「40代前半がラストチャンス」と考えている人が多く、子供を望んでいる人が非常に多いのが特徴です。

これは男女間での大きなずれといっても過言ではありません。

結婚にあたって男性側が女性に対して、「子供を産めるかどうか?」といったことを求めるのは、ある意味避けて通れないポイントです。

女性は「子供を産む道具ではない」といった言葉がありますが、子供がほしいというのは人間にとって本能であり、また結婚する上で当たり前のことであることを忘れてはいけません。

どんなに美人であっても、キャリアがあっても年齢は重要です。

30代なら全く問題なかったことが、40代では非常に難しいこともあるのが現実です。

今30代で仕事が楽しくてしかたないといった人は、自分が40、50代になったときのことも是非、考えてみてくださいね。

出会いがない!けど結婚したい!という方が増えてきています。出会いを増やして結婚する方法を解説しています。