ダイビングのライセンスはどんなものか?

ダイビングのライセンスについて

海中にもぐるにあたって、日本だけでなく他の国でも、Cカードの提示が求められます。
CはCertification、認定証のことです。
免許証ではなく認定証になります。
法律でCカードがなければ海中に潜ってはいけないとされているわけではありません。

ですが、Cカードを提示しなければ、必要な器材を貸してもらえません。
ただしちょっと体験するだけであれば提示する必要はありません。
Cカードはダイビングのライセンスのことです。

これにはいくつか種類があります。
インストラクターと一緒に水深12メートルまで潜ることができるスクーバダイバー、バディーシステムによって水深18メートルまで潜ることができるオープンウォーターダイバー、水深30メートルまで潜ることができるアドバンスドオープンウォーターダイバーがあります。

また、アドバンスドオープンウォーターダイバーで、決められたディープダイビング講習を受ければ水深40メートルまで潜ることができます。

セブダイビングライセンスより引用

それぞれの違いは潜ることができる水深だけではありません。
必要な知識と技術が違います。

一般にCカードと呼ばれるものは、オープンウォーターダイバー以上のものです。
スクーバダイバーは、インストラクターが一緒でなければいけないなど、規定がある入門的なものです。

インストラクターからまずは必要な知識に関することを学ぶ

この講習については、インストラクターからまずは必要な知識に関することを学びます。
自分の身体にどんな変化が起きるか、どんな影響があるか、また器材の使用方法、メンテナンスの方法、その重要性についても学びます。
自分の身体を守るため、器材に関するが必要です。

それから、海中環境などについても学びます。
難しいことではありません。
講習をきちんと受ければよく理解することができます。
技術に関してはまず陸上でデモンストレーションをします。

その後、プールで実践します。
はじめは誰でも上手くできませせん。
練習すれば上手くできるようになります。
なおプールでの練習が終わったら、海で練習します。

取得費用はだいたい6万円ほど

講習を受けることができる場所については、日本でも全国各地です。
その料金に関しては、講習費の他に、専用の器材や施設の使用料、保険料などが必要になります。

またログブックというダイビングの記録を記すものも必要です。
総額は60.000円ほどになります。
専用の器材などが必要なので高めです。

ただし割り引きがあることが多いです。
それによって40.000円くらいになります。

なおスイミングが不得意でも、これを取得することはできます。
器材の補助があるからです。
スイミングが不得意な人は、これを取得した後も、しっかり補助してくれる器材を使って練習しましょう。