不動産投資は他の金融商品にはないメリットがあります

不動産投資の魅力とは

低金利時代に突入している今の世の中、何とか設ける方法はないかと摸索している人は少なくないのでしょうか。
そんな人にオススメなのが不動産投資で毎月安定収入を得ることが可能です。

最大の魅力は安定した収入を毎月得ることができる点で、他の金融商品で毎月売られている分配金と比較すると比べものになりません。
株式投資でも配当は多くても半年に一度、大抵は1年に一度で投資した会社の業績がおもわしくなければ配当がない可能性もあり得ます。

不動産投資なら入居者が確保できさえすれば、2、3年は安定した収入が見込めるでしょう。
老後のためにも有益な投資方法であり、将来的に不安になる少ない年金を補うことができますよ。

売却益も得ることができる

不動産投資がオススメなのは、場合によっては売却益を得ることができるからです。
投資する物件によっては売却で利益を得られる可能性もあり、いざと言う時に大きな収益につながるかもしれません。

地価上昇によって売却益が得られるだけでなく、投資家が自ら工夫することで収益アップを図ることも可能です。
事業へ積極的に関与できるのも魅力の1つで、自身が投資物件の賃貸事業経営に関わることもできます。

優秀なアドバイザーを見つける

投資する場合、物件の選定をはじめ取得から賃貸事業運営、そして売却までを自身の判断で行うわけですが、プロのアドバイザーの選定も自分でできるのです。

優秀なアドバイザーを見つけることができれば、自分自身が知識を身につけて習得することができるでしょう。
知識が身につけば、物件購入の時に価格交渉で安く物件を手に入れたり、賃貸の場合は管理理運営について安価で質の良いサービスに変更することも可能です。

そうすれば、管理コストの削減につながり、実質的に大きな収益アップにつなげることができますよ。
自身の判断で自信と経験を積んで行けば、将来的に莫大な利益を得られるようになるかもしれません。

資金調達が容易になる

不動産には担保力があるので資金調達が容易になるのも魅力の1つで、投資物件を担保にすれば金融機関からお金を借りることが可能です。
投資する物件と収益を担保にしてお金を借りれば、それを毎月の家賃収入の返済に充てることもできますよ。

住宅ローンの場合は物件そのものに収益は生まれませんが、不動産投資なら収益を生むことが可能なので家賃収入が毎月の返済に力を貸してくれます。
毎月安定した収入が得られるだけでなく、工夫次第では収益アップも可能で担保にすれば資金調達も比較的容易です。

プロのアドバイザーを受けてきちんと勉強すれば、会社勤めをしながら自身の資産を増やすことができますよ。

 

あわせて読みたい

介護不動産相続対策