日本人の要望にマッチしてきている永代供養墓

永代供養墓の詳細

永代供養墓は色々な家庭の事情によってお墓を引き継ぎ供養や管理をしてくれる方がいないときやお墓に参拝することが困難になってきてしまったときに遺骨を霊園や寺院が永代に亘って供養したり管理したりしてくれるお墓のことを指します。

かつては後を継ぐ人がいない寂しい人の遺骨が納骨されるお墓という印象がついていたのですが、近頃はその印象が取り払われて日本人の最近の要望にマッチした供養方法になってきています。

他の方の遺骨と一緒に納骨室やお墓に安置されるのが一般的な納骨方法であることから合祀墓と呼んだり合同墓や共同墓などと呼んだりすることもあります。

合祀型の場合は骨壷から遺骨をすぐに取り出して墓所の中に他の方の遺骨と一緒に埋葬する形になっています。

集合型の場合は遺骨は骨壷によって別々に保管されていますが骨壷を安置するスペースは個別にはなっておらず共同の棚のようなところになっています。

個別型の場合は個別の遺骨が入った骨壷を専用のスペースに安置する形になっています。

合祀について

遺骨を個別で安置している形の永代供養墓の場合は契約で決められた期間を過ぎた遺骨を他の方の遺骨と一緒に合祀することになります。

個別で安置する期間の長さについては利用する人希望する年数で決めることができる霊園や寺院もありますが十三回忌を迎えるまでや三十三回忌を迎えるまでといった形で一律で決められている霊園や寺院もあります。

そして供養する方法はお盆や春と秋のそれぞれのお彼岸に合同の法要が執り行うのが一般的ですが年回忌に法要を執り行ったり祥月命日に供養を執り行ったりしている霊園や寺院もあります。

永代供養墓は基本的に遺骨の管理と供養は霊園や寺院が行ってくれるため遺族が故人の遺骨を管理したり供養したりする必要がないというメリットがあります。

引用元:横浜 永代供養墓

他にも一般的な墓地では定期的に支払う必要がある管理費が発生せず墓石の料金を負担する必要ないため一般的なお墓より安い費用で遺骨を管理できるというメリットもあります。

そしてほとんどの霊園や寺院では宗旨や宗派を問われないので誰でも遺骨を納骨することができるというメリットもあります。

永代供養墓は様々な種類が存在していて申し込んだ人の状況によってそれぞれに適した永代供養墓を選ぶことが必要になります。

申し込んだ人が支払う費用に対してどんな内容の管理や供養が行われるのかやどのような形で納骨されるのかなどを充分に確認しておく必要があります。