ネオコーポレーションで経費削減

電力の自由化について

企業が利益を上げるためには様々な企業努力が求められます。

今よりも利益を上げることもありますが、経費削減も重要な企業努力になります。

利益を上げることはリスクもあり一筋縄ではできないこともあるでしょうが、経費削減はリスクもほとんど心配せずに短期間で効果を感じることができるようになります。

2016年4月から始まった電力小売りの自由化はそんな経費削減にも効果を発揮します。

電力は様々な部分で使われ、経営を維持していく中では欠かすことのできないものです。

今までは限られた電力会社しかなかったため、電気料金を削減することは考えられませんでした。

それよりも年々値上げされていく電気料金の分を他で削減するか利益で穴埋めするしかありませんでした。

ですが電力の自由化が始まって多くの会社が新しく電力の供給をスタートしました。

各社基本料金のスタイルも供給量も差があり、どこを選択するかは今後を左右する重要な部分ともなっていました。

ネオコーポレーションの提案

企業が電力会社を切り替えすることになっても、日々の中で使用する電力の量は変わりません。

その中でどうやって料金を削減するかというと、基本料金しかありません。

基本料金は従来アンペア数での契約がほとんどで、契約するアンペア数が高ければ高いほど基本料金も高くなる仕組みでした。

そのため契約に関しては限界でここまでは電力を使うであろうアンペア数で契約することが多かったのです。

ですが実際はその限界値まで電力を使うタイミングはそう多くはありません。

それでもブレーカーが落ちてしまった時のリスクを考えれば、最大アンペア数で契約するしか方法がありませんでした。

それを改善するためにネオコーポレーションはブレーカーから変えることを提案しています。

ネオコーポレーションが提供するブレーカーは基本となるアンペア数の契約を下げても、それを超えるアンペア数の電力を使用することもできるようになっています。

そのためブレーカーが落ちてしまうリスクを最小限にすることを可能にしました。

そうすることで使用料は以前と同様であっても基本料金を削減することができるようになります。

基本料金を削減することは毎月安定的な経費削減が望めるようになり、それは大きな削減効果になります。

今まで目立った経費削減を実施していなかった企業でも、簡単にそしてリスクを抱えることなく実施することができます。

また工事に関しても費用が発生することもなく、初期投資の心配もありません。