バンコクで部屋を探すならディアライフ

⒈バンコクで仕事をするに当たってはお部屋探しが重要

タイの首都であるバンコクというのは日本との経済交流が盛んに行われている都市です。
日本の有名企業の支社や支店が数多く置かれており、経済活動も盛んに行われています。

シンガポールに次ぐ東南アジアの主要都市として経済的重要性の高い都市であることから、日本の駐在員も多く働いていることで知られています。

バンコクで仕事をするに当たってはお部屋探しが重要です。
会社がマンションなど借り上げて入る所も多いと言われていますが、それでも自力で部屋を探さなければならない会社がほとんどだと言われています。

はじめての方の場合、どこへ住めばよいのか、どこに住んだら会社や子供の学校、幼稚園などにアクセスが良いのかということはなかなかわからないものであります。

そんなときに頼りになる存在なのが、ディアライフです。
タイの首都を中心として駐在員に対してお部屋や不動産の紹介を積極的に行っています。

タイが初めての方で地理から何から何まで全く知識がないという方でもこの不動産業者に任せてしまえば、安心した暮らしを約束してくれます。
お部屋探しを一任してしまうことも出来ることから、仕事に集中することも可能なのです。

⒉駐在員に対する物件の紹介を行っているディアライフ

さて、ディアライフはタイの首都を中心とした駐在員に対する物件の紹介を行っている会社です。
基本的に日本人が済むところは殆ど決まっていると言っても過言ではありません。

日本人社会がこの首都で形成されており、ほとんどの日本人が密集して同じところに住んでいます。
その理由としては幼稚園や学校といった施設が集まっていること、高級住宅地であること、そして会社からのアクセスが良いことなどを理由として済むところが密集しているのです。

快適性の面で言っても、日本人コミュニティが形成されている場所に暮せば、ほとんど不便さを感じること無く安心して暮らすことができます。
また、バンコクに駐在する駐在員並びにその家族向けの不動産物件というのが高級マンションが中心となっていることから、だいたい紹介する場所というのは必然的に決まってくるのです。

そういった理由から、その地域の特性に精通したディアライフの日本人スタッフがお部屋の紹介やお部屋探しのお手伝いを行っています。
慣れない土地、はじめての場所であってもこの土地に精通したスタッフが日本語で対応してくれるので、安心して任せることが出来るためとても頼りになる存在なのです。

⒊ディアライフの便利なおまかせ物件探し

実際の手続方法としては、引っ越しが決まり次第ディアライフにお部屋探しの相談をします。
「おまかせ物件探し」を利用すれば、ネットだけで簡単に物件探しの依頼をすることができます。

会社名や子供の学校の場所、そして通勤方法や間取りなどの条件を入力すれば、後はスタッフが条件にあった物件を複数の中からピックアップして見つけてくれるので、忙しくて物件探しを自分でしている隙がないというビジネスマンの方であっても十分に対応してくれるので安心です。

エリアに関しては日本人が住んでいるところはだいたい固定しているので、これと言ってこだわりがなければ通勤場所や通勤方法から判断して適切な物件を提案されるので、現地のことについて何も知らなくてもこれと言って困ることは何もありません。

もちろん、不動産物件のことは全て丸投げしてしまうという方法もあり、それでも満足のできる不動産物件を見つけることが出来るため、安心して依頼することが可能なのです。

ディアライフでは現地に日本人スタッフが駐在しているので、お部屋探しから物件の内見、そして契約から退去までを全てフォローしているので、困ることはありません。
言語という壁も難なくクリアすることが出来ることから、心配することは何もありません。

⒋デポジット制度について知っておく

タイの賃貸契約における特殊性としては、デポジット制度が採用されていることです。
デポジット制度というとあまり聞き慣れない方も多いかもしれませんが、日本で言う敷金や保証金といった制度とよく似ており、入居前にある一定額のお金を納める必要があります。

一般的にデポジットは家賃の2ヶ月分を前もって支払う必要がありますが、問題なく退去した場合においては補修費などがきちんと生産された上で返金がなされるシステムとなっています。

この制度については、日本人の場合慣れないこともありますが、スタッフが全てサポートするのでその指示に従ってデポジットを支払う必要があります。
退去に際してもアフターフォローまでしっかりとしているので、帰国後にデポジット返金手続きを代行するので心配する必要もありません。

入居に際してもディアライフのスタッフが入居に立ち会い、お部屋のチェックを行った後に正式に入居することができます。
分からないことがあれば、どんな事でもスタッフに尋ねることが出来ることから、不安なども払拭することが出来ると考えています。
新しいバンコクでの生活を全面的にバックアップしてサポートしてくれる存在です。

>>ディアライフ安藤