M&Aを考えているなら日本クレアス税理士法人へ

M&A業務の強みは総合力と情報力と交渉力

日本クレアス税理士法人は、会計や税務、会社設立や相続以外にも事業承継やM&A、人事労務や医療経営支援などさまざまな分野をカバーした会計事務所です。

この税理士法人にはグループ力を活かした総合型の会計事務所という特徴があるので、顧客のニーズに素早く応えることができます。

M&Aや事業承継の分野では、譲渡を検討している経営者に向けて、最良のタイミングで最良の相手を見つけ、納得できる取引条件で譲渡できるように、実績豊富なM&Aアドバイザリーが親身になってサポートします。

さらに会計事務所であるという強みを活かして、M&Aの専門家以外にも相続や財務会計、税務や人事労務の専門家を有しているので、事業承継からM&Aまで、素早く対応することができます。

サービス内容は、事業承継の仲介やフィナンシャルアドバイザリー、企業価値シミュレーションです。

譲渡までの流れはどうなっているかというと、大きく分けて事業承継の検討・準備と基本合意契約書の締結の二つに分けることができます。

M&Aの検討・準備では、まず現状をヒアリングして状況に応じた選択肢を提示してもらいます。

次に行うのが譲渡価格のシミュレーションです。

日本クレアス税理士法人と秘密保持契約を締結した後に、直近の決算書3期分と月次決算資料をもとにして譲渡価格のシミュレーションを行います。

候補先のイメージや譲渡可能性についても説明があるので、満足できる結果であれば話を進めていきます。

その後、候補企業が打診されるので、譲渡したいと思う企業を選びます。

候補企業に対しては、日本クレアス税理士法人から社名などを伏せた簡単な概要書によって、打診してもらうことができます。

この税理士法人を介してお互いの情報交換を行った後は、候補先とのトップ面談を行います。

トップ面談は相手の印象を左右させる大切なイベントで、これが済んだら次は基本条件の調整です。

基本条件の調整では、スキームや価格、実行日や従業員の雇用条件などM&Aの成立に向けた基本的な条件について合意を行います。

 

様々な手続きも全てサーポートします

事業の成長性など両社の意向が一致する部分は相互に確認を行い、価格など意向が一致しない部分は日本クレアス税理士法人が条件調整をします。

基本的な条件の合意が成立したのであれば、原則として候補先に対して、一定期間の独占交渉権を付与することができます。

基本合意契約書の締結の段階に入ったら、候補先が実施する買収監査がスムーズに行われるように、必要な資料の事前準備をサポートします。

譲渡先の企業で行うマネジメントインタビューなどの現地調査についても、サポートを行っているので安心です。

買収監査の結果を踏まえて、最終的な譲渡条件に向けた候補先の最終調整を行います。

また、従業員や取引先などの承諾を行う際にも、柔軟にサポートしてもらうことができます。

「最終的な条件の合意」を履行したら買収価格の支払いが行われます。

関係者への説明や実行後に必要となるさまざまな手続きもすべてサポートしてもらえるので、安心してM&Aを行うことができます。

日本クレアス税理士法人のM&A業務の強みは、総合力と情報力、交渉力があることです。

総合力では、M&Aや相続、財務会計や税務、人事労務などのさまざまな専門家が在籍しているので、検討から成約、成約後の対応まで素早く柔軟に対応することができます。

具体的には譲渡企業のオーナーに対しては、事業承継やM&Aの相談、相続対策や財産コンサルティングまで行い、買い手企業に対しては、譲渡案件の提案から買収後の総合業務の支援まで行っています。

情報力では、豊富なM&A実績に基づく、客観性の高い助言能力を有しています。

 

M&Aを成功できるアドバイスができる

M&Aを成功させるまでには、M&Aの戦略を決めて譲渡案件を探し、条件調整を行わなければなりません。

さらに事例に基づいた会計や税務、労務や法務などの知識も必要です。

業種や業態によっても株価水準や論点となる点が違うので、業種や業態ごとの情報を持つ必要があります。

日本クレアス税理士法人では、M&Aの仲介や助言業務の累計成約数が120件を超えており、株価算定や買収監査業務の累計支援数も800件を超えているので、M&Aを成功させることができるような有効的なアドバイスを行うことができます。

さらに国際的な大手情報企業の日本のM&A市場の調査資料によると、この税理士法人は常に10位前後にランクインしているという実績があります。

交渉力では、M&Aマーケティングの専門チームが高い案件開拓力を持っています。

買い手企業の立場としては、相乗効果が見込める譲渡企業の買収を目指し、それを実現させるために、ただ待つのではなくM&A戦略に基づいて積極的にターゲティングを行って、潜在的な譲渡企業に対してM&Aの提案を行っています。

この税理士法人には、潜在的な譲渡企業のニーズを顕在化させる高い案件開拓力があります。

出典:「日本クレアス税理士法人」などの税理士法人に依頼できるサービス – NAVER まとめ