電力自由化がもたらしたメリット

ネオコーポレーションが言及する電力自由化の活用

電力自由化により、一般世帯においても2016年4月から契約する電力供給会社を選択できるようになりました。
それまでは住んでいる地域によって契約できる業者は固定でしたが、現在は比較・検討し良いサービスを提供している電力供給会社と自由に契約できます。

選択の際にポイントとなるのは、やはり料金です。
通常は予想される月々の消費電力と、1kwhあたりの電気料金で比較しますが、ポイントで還元する業者も存在するため料金だけの比較はあまり意味がなく、業者によってはポイントも含めた比較が必要になります。

従来の一般的な電力会社の場合、月々の料金は契約アンペア数からくる基本料金と、1kwhあたりの料金が定められている従量料金の合算です。
従量料金は電力量が増えるほどに高くなり、契約タイプによっても異なるとネオコーポレーションは言及しています。

通常は1kwhにつき20円から30円となっており、仮に1ヶ月の電気利用量を200kwhとした場合は、1kwhあたり30円で計算すると従量分が200kwhx30円=6000円となります。
これに基本料金をプラスしたぶんが月々の電気料金となりますが、一定量を超えると1kwhあたりの料金が割増となるため、実際はこの金額よりもやや高くなります。

逆に料金が高くなってしまうケースもある

一方新たに参入した電力供給会社の多くは、ある程度の使用量が見込まれる世帯で特に料金が安くなる傾向がある反面、一人暮らしだったり月々の使用量が少ない世帯では、逆に料金が高くなってしまうケースも存在します。

このため契約を考えた際は、事前に公式サイトでシミュレーションを行った方が確実であるとネオコーポレーションは注意を促しています。
シミュレーションでは、住んでいる地域や契約アンペア数、月々の電力使用量を入力するだけで、年間の電気料金の目安を自動的に計算できます。

ガス供給事業者など、一部の業者ではセット割り引きを適用するため、契約済みのガス会社が電力販売も実施している場合は、積極的に利用した方が良いかもしれません。

このほか特徴的な電力供給会社として、大手家電量販店や携帯キャリアが販売しているケースもあります。
この場合、電気料金にさほど変化が無かったとしても、ポイントとして還元されるためトータルではお得です。

特に大手携帯キャリアが発行しているポイントは、コンビニやスーパーなどでもクレジットカードと同じような使い方ができることから、契約事業者を変更したことで生じた節約分を、そのまま他の生活費に回すことができるというメリットもあるので、ネオコーポレーションは電力自由化の恩恵を受けるべきであると言っています。

 

出典

1.ネオ コーポレーション