純金積立のメリットとデメリット

⒈少額から始めれる純金積立の魅力

純金積立のメリットは何かというと色々あります。

まず小額から投資を始める事が出来るという点です。

わずか1000円ほどからでも投資を始められるので、初心者や資金があまりない人でも始めやすいのがメリットです。

そして慣れてきたら徐々に積み立て金額を増やしていくと失敗しないで済みます。

またスポット購入する事が出来るというのも魅力の1つとして挙げられます。

スポット購入とは通常の積立額とは別に、自分で好きな金額を決めて純金を買い増す事です。

しかもこの場合は手数料も無料で購入出来る所が多いのでおすすめです。

その為資金に余裕がある場合や、金の価格が低い時にはスポット購入を試してみましょう。

他にも自分で金を保管する必要がない為、コストを抑える事が出来るというのもメリットです。

純金積み立ての場合、金を現物で買ってはいますが、現物の管理は運営会社が行うので、自分の家で保管する必要もなければ銀行の貸金庫に入れる必要もありません。

その為盗難のリスクもありませんし、保管にかかるお金も必要ないので非常に助かります。

 それから積み立てで購入した金は、地金だけでなく金貨や宝飾品等と交換する事が出来るというのもメリットです。 

運営会社によっては金貨やジュエリーといった宝飾品をカタログから選ぶ事が出来ますし、プラチナや銀と交換する事も出来ます。

もちろん急に現金が必要になった時は、純金を売却して現金化する事も出来るので非常に便利です。

あと続ければ続けるほど平均購入コストを抑える事が出来るというのも魅力の1つです。

⒉取引上のデメリットを理解する

金の価格は毎日変動します。

その為出来るだけ安い時に買うのが得ですが、なかなか価格を予想するのは難しいです。

しかし毎月一定額購入し続ける形の純金積立だと、価格が下落している時に多めに購入する事が出来、価格が上がっている時は買う量を少なくする事が出来ます。

その結果、金の購入価格を平均化出来、長期的に見ると購入コストを抑える事が可能です。

そして金は世界のどこでも通用する不変的な価値を持っているので、価値がゼロになるという事はないというのもメリットです。

一方デメリットもいくつかあります。

まず年会費や手数料がかかるという点です。

一般的に純金積立を行っている会社では年会費を取っている所が多いです。

また購入時にも一定の手数料がかかります。

年会費は運営会社によって多少変わってきますが、積立額に関係なく毎年大体1000円前後必要です。

さらに購入時には手数料がかかりますので、購入する回数や額が多ければ多いほど手数料も高くなり、その分実質利回りも少なくなります。

その為積立を始める際は、あらかじめ手数料のコストも考えてシミュレーションをしておくと良いです。

他にもリアルタイムで取引する事が出来ないというのもデメリットの1つです。

金の価格はリアルタイムで常に動いています。

株式の場合、取引所が開いている時間帯であれば、リアルタイムで売買をする事が可能ですが、純金積立の場合は運営会社が発表している小売価格でしか買う事が出来ません。

こうした不便さは株式と比べても若干高い為、前もって知っておく事が必要です。

それからローリスクではあるが、ローリターンであるという点もデメリットとして挙げられます。

⒊金の変動は大きくない

金は株式と違って、大きく値動きがある商品ではありません。

その為リスクが少ない反面、リターンも少ない投資方法です。

純金積立の基本的な投資方法は、安い時に沢山購入し、高い時は控えるという方法が基本になります。

その為、取得コストを安くできるというメリットはありますが、逆に短期間で高い売却益を得る事も難しいです。

それでも高い利益を狙うとなると、金の価格が大きく下がった時に一気に大量購入して、価格が上がった時に一気に手放すという方法になります。

しかし金の価格は毎日変動していますが、それ程大きな変動はありません。

その為大きな利益を短期間で上げるのは難しく、大きな利益を上げたいのであれば他の投資を行った方が良いです。

あと損失が大きくなる可能性があるというのもデメリットです。

金は株式などと比べても安定した資産ですが、だからといって損をしないという事はありません。

当然購入した時よりも価格が下がってしまう事も十分ありえます。

積立型の投資は基本的には長期投資が一般的です。

その為金の価格が変動したからといって一喜一憂する事無く、長い目で見るという事が重要です。

金はそのものに価値があるので、株や債券のように価値が全くなくなってしまうという事はありません。

その為焦らずに、毎日相場をチェックして、金の価格が安い時に沢山購入し、高い時は買い控えるという事を心掛けながら積立をしていけば損失が出る可能性を低くする事が出来ます。

とにかく損失を出さない為には、こまめに相場をチェックするという事が何より大切です。

このように純金積立にはメリットとデメリットの両方があるので、始める前にきちんと両方を見極めてから始めると失敗しなくて済みます。

 

出典元:金投資の決定版‼️株式会社ゴールドリンク〜ゴールド積立くん®〜